特定派遣と一般派遣の違い

     
一口に「派遣」といっても、その形態により3つの派遣スタイルがあります。
「紹介予定派遣」は最近よく聞かれるようになりましたが、「特定派遣」はまだ耳慣れない方も多いかもしれません。
そこで「特定派遣」と「一般派遣」の違いについてまとめてみました。

派遣されている期間内のみ派遣会社との雇用関係が発生する非常用雇用の形態が、一般派遣です。
一方特定派遣は、派遣会社に正社員として常用的に雇用されている人材を派遣先で就業させる形態となります。
常用雇用なので派遣先の紹介がない間も雇用関係が継続し給与も支払われます。
厚生労働省より一般派遣の許可を取得している派遣会社では一般派遣と特定派遣のどちらの形態も可能となっています。
ですが特定派遣の届出をし許可を受けた場合は特定派遣の形態のみ可能となります。

一般派遣と特定派遣では請け負う業務にも違いがあります。
一般派遣では事務用機器操作や財務処理、取引文書作成等が大半ですが、特定派遣ではソフトウェア開発や機械設計等専門色が強いものが大半です。
また派遣料金に関しても、一般派遣では低額の業務が上位の割合を占めるのに対し、特定派遣では高額な業務が上位になっています。
もっと知りたいなら⇒就職ブログランキング