人材派遣導入のメリット

     
企業における人材確保の手段は、近年では社員としての採用と比べ人材派遣のシステムを導入するケースが増えてきています。
その理由にはどんな事が挙げられるのでしょうか。

人材が必要になるのは、社員の退職による補充など長期的なニーズばかりとは限りません。
決算時や年末、社員の一時的な休暇取得等、単発的なニーズには必要な期間だけ人材を確保できる派遣の方が便利です。
また、短期的なニーズには教育の手間がなく即戦力となる事も理由のひとつです。

手間や経費をかけて人材を募集し採用しても、スキルや適性が合わない等の問題が起こる場合もあるかと思います。
派遣社員を活用する事により、この様な雇用の問題や人材確保の為の経費も必要がなくなります。

それに社会保険や福利厚生費、賞与や交通費の支払いも必要ないので、人件費に関わるコスト削減と労務管理の手間が省けます。

またデータ入力や定型業務等を派遣社員に任せる事により、社員の労力を他の業務に充てる事ができる等、派遣システムの導入は経営効率の向上につながります。
もっと知りたいなら⇒就職ブログランキング