「ハケンの品格」からの教訓

     

「ハケン(派遣)の品格」という派遣社員を主人公にしたドラマがヒットしましたね。
派遣社員と正社員との人間関係や、派遣社員ならではの悩み、心理描写等がうまく表現されていて、派遣の経験のある人は自分とダブった話も多かったかもしれません。
ドラマの中では異なるタイプの派遣社員が登場し、それぞれの周りで起こる問題や事情は実社会においても十分起こり得るリアルな内容なものでした。
共感できる部分等多かった事が人気を集めた秘密といえるかもしれません。

なかなか就職が決まらず、やっとの事で派遣社員として就職しても、スキルがついていかず雑用にまわされたり、仕事をする目的も見出せない新米派遣社員。
そんな新米でもやがて努力する事を始め、最終的にはある程度のスキルを身に付け重要なプロジェクトへの参加までできるようになっていました。
一方多くの資格を持ち、与えられた仕事を的確に完璧にこなすスーパーマンのようなベテラン派遣社員。
ヒューマンスキルに問題は感じるものの、ビジネスパーソンとしては超一流の派遣社員の鏡のような主人公の姿は、これから派遣を始めようとする人にとって憧れの的となったかもしれません。

それぞれの登場人物に自分を重ね合せながら、色々と考えさせられる事もあったドラマのように感じました。
派遣として働く事や派遣を受入れる企業に必要なものは何かという教訓を、「ハケンの品格」は与えてくれたのではないかと思います。
もっと知りたいなら⇒就職ブログランキング