人材派遣導入のメリット

     
企業における人材確保の手段は、近年では社員としての採用と比べ人材派遣のシステムを導入するケースが増えてきています。
その理由にはどんな事が挙げられるのでしょうか。

人材が必要になるのは、社員の退職による補充など長期的なニーズばかりとは限りません。
決算時や年末、社員の一時的な休暇取得等、単発的なニーズには必要な期間だけ人材を確保できる派遣の方が便利です。
また、短期的なニーズには教育の手間がなく即戦力となる事も理由のひとつです。

手間や経費をかけて人材を募集し採用しても、スキルや適性が合わない等の問題が起こる場合もあるかと思います。
派遣社員を活用する事により、この様な雇用の問題や人材確保の為の経費も必要がなくなります。

それに社会保険や福利厚生費、賞与や交通費の支払いも必要ないので、人件費に関わるコスト削減と労務管理の手間が省けます。

またデータ入力や定型業務等を派遣社員に任せる事により、社員の労力を他の業務に充てる事ができる等、派遣システムの導入は経営効率の向上につながります。

派遣社員のメリット、デメリット

     
即戦力の確保や人材に関わる固定費の削減の目的で派遣システムを導入する企業が増えているようです。
また企業で働く人材側も社員に比べ融通のきく勤務形態を選択できる事から派遣社員として働く人が増えてきているという事です。
派遣社員という勤務スタイルのメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットとなる点はどんな事でしょうか。
社員として勤務する場合は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うのが通常です。
ですが派遣社員の場合は自分の活かしたいスキルに合せて仕事を選ぶ事ができます。
また高時給で残業のない企業で働きたいとか残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、自分の希望のライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。
さらに人材派遣のシステムを活用しているのはある程度「大手」といわれる企業の方が多いという背景から、思わぬ大企業に勤務できる場合もあります。
企業名を指定して派遣先を紹介してもらう事はできませんが、勤務したい業種と大手に派遣されたいという希望は可能です。

では逆にデメリットはどんな事でしょうか。
同じ職場で派遣社員として長く勤める場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に選択権があります。
契約終了後にまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もない為、生活が不安定になる可能性がないとはいえません。
また企業は即戦力になるスキルを持っている派遣社員を求めるので、あらゆる場面でスキルアップしていく事が必要になります。
その他には時給が高くても基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

短期派遣のメリット

     
近年、それぞれの個性やライフスタイルの確立を尊重する人が増えてきた事により、働き方も多様化の傾向にあります。
そんな中で、フルタイムでは働かず短期間の派遣を繰返しながら自分の時間も大切にするという勤務スタイルを選ぶ人が増えているようです。

短期の派遣というのは主にどういった職種があり、どのような利点があるのかを考えてみましょう。

短期の派遣とは、一般的に3ヶ月以内に派遣契約が満了する仕事の事をいいます。
職種は多彩ですが、その中でも多いのはファイリングやデータ入力、資料作成等の事務系職種のようです。
派遣先で請け負う業務内容によっては、その業務に必要な知識やスキルが必要な場合もあります。

次にメリットですが、最大の利点となるのはやはり自分の時間を確保し優先できるというところです。
働ける期間が限られている人や両立したいプライベートなことがある人には、効率的に働く事のできるシステムといえます。
またいろいろな職場やいろいろな仕事を経験してみたいというような人にも短期の派遣は最適でしょう。

明確な目標やポリシーがある中での短期の派遣システムは、とても有意義なものとなるのではないでしょうか。
もっと知りたいなら⇒就職ブログランキング