看護師も派遣で働く時代に

     
オフィスワークでの派遣は一般的によく知られているワークスタイルですが、最近では看護師も派遣という形態を取る事があるようです。
看護師の派遣の場合、どのような派遣先があるのでしょうか。

主なものとしては健康診断の補助業務と病棟への派遣等があるようです。
派遣のシステムを利用する事で高い時給で働く事ができるというのは一般の職種の派遣と同様です。
自分の都合で好きな時にしたい仕事を選んで働く事ができる派遣のシステムは、看護師にもいいようですね。
自分が勤務している病院の仕事が休みの時に都合が合えば派遣の仕事をするという人もいるという事です。

健康診断の補助業務は、看護師の派遣で最も多い業務です。
学校の新入生の健診や企業の健診等派遣先は様々で、時には1日に数箇所の企業を巡回して健診するような仕事もあります。
ずっと同じところで常勤していると、たまに別の職場の人とコミュニケーションしたりする事は気分転換にもなっていいかもしれませんね。

健診業務ほど多くはありませんが、病棟への派遣業務もあります。
こちらは1回の派遣での報酬も高い事ので、それに見合った仕事を要求される為にある程度のキャリアが必要となります。
しかし、病院ごとに入院している患者さんも違えば患者の状態も違うので、いきなり入っても勝手がわからず、周りのスタッフからの説明さえない事もあります。

事前にあらゆる面できちんと詳細を確認し、納得してから受けるというのはどんな業種でも同じですね。

医療事務の派遣

     
医療事務の資格は人気がある事で知られています。
ですが、せっかく取った資格も就職口がなければ何にもなりません。
看護師や医療事務等の医療系の仕事の紹介システムのある派遣会社もあるので、利用してみてはどうでしょうか。

派遣社員は正社員と比べて残業や休日出勤が少ない場合が多い為、自分の時間も大切にしたい人には良い勤務スタイルといえます。
ですが全ての職場がそうとは限らないので、紹介を受けた際に残業の有無や休日の取得法は確認すべきです。

また派遣で働く場合は常勤でなく、午前中だけとか午後だけとか派遣先の医療機関の忙しい時間帯だけの勤務も可能です。
月末や月初のレセプト作成の時期等、月に数日間だけ働くという勤務スタイルも選べます。
フルタイム勤務ももちろん可能です。
自分のライフスタイルに合せて仕事を選べるのが派遣の最大のメリットですね。

医療事務の派遣は、病院や診療所に限らず、介護施設や企業の健康センター等の医療に関連した企業での募集もあるので、幅を広げて探してみましょう。

病院や診療所であれば、歯科医院の求人が多いようです。

エンジニア派遣について

     
エンジニアと一口にいっても、その職種やスキルは多彩です。
派遣という勤務スタイルをとる場合は、単にプログラマ、SEというだけでなく、さらに細かいカテゴリ分けをしてどの分野を自分の売りとするのかが大切です。
ですが、だからといって初めに決めた職種だけしかダメという事ではなく、どんどんスキルアップして新しい分野に挑戦して技術に磨きをかけるのも、エンジニアの醍醐味ですね。

ではエンジニアと総称される業務の中にはどんな職種があるのでしょうか。
『システムエンジニア』はプロジェクトをまとめ実現する為のシステムを設計します。
IT業界の最新の技術情報を意識し開発グループの人員をまとめる能力も求められます。
『プログラマ』はプロジェクトの実現に必要なプログラムを、開発言語を用いて具体的に作り上げるのが仕事です。
プロジェクトの要旨や派遣先の業務をしっかり理解できる能力が不可欠で、またプログラミングのセンスも必要です。
『ITコンサルタント』は新たなIT技術の評価や派遣先の企業が進出を検討する分野へのシステム導入の可能性を、リサーチにより判断します。
幅広い情報収集力と、技術者でない人に分かりやすく要旨を伝える能力も重要です。

その他にも『ヘルプデスク』や『テクニカルサポート』『Webクリエイター』等、エンジニアの職種は様々なものがあり、それぞれにその分野に特化したスキルが必要です。
技術者は往々にして「技術で勝負!」となりがちな世界です。
ですが派遣というスタイルを選ぶ場合は、登録する派遣会社に希望の仕事を紹介してもらう為のブランディング法を身に付ける事も大切になります。

CAD業務の派遣

     
CADという言葉を聞いた事がある人もいれば、「何それ?」という人もいるかと思います。
CADとはComputer Aided Designの略で、コンピューターを用いて設計やデザインを行う業務と、そのコンピューターシステムの事を指します。
CADの技術を使って設計やデザインされるものは色々ありますが、主要なものとしては家や道路、橋、車、家電品等があります。
そして少し意外ではありますが、洋服や文房具のデザインにも用いられることもあります。

そんな生活に身近なものをデザインするCADを操作する人をCADオペレーターといいます。
設計図と指示書を元にCADで仕様通りに設計図を作成します。
指示された内容をしっかり理解し、またそれを的確に図面に表す事ができる能力が求められます。

CADオペレーターは技術職なので、派遣されるスタッフが未経験でもOKという企業の割合は多いとはいえません。
ですが実務経験がなくてもCADを学んでいればOKだったり、ビジネススクール等で講座を受講し、修了後に仕事を紹介してもらうことが可能な場合もあります。

CADには種類が色々とあり、それによって必要な知識や技術も異なります。
CADオペレーターとして派遣で働くには、どんなCADを学びどんなスキルが必要なのかを派遣会社に相談するのも良い方法です。
比較的簡単な分野のCADから入り、徐々にスキルアップしていけば決して高い壁ではありません。

興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

派遣が可能な仕事とその制限

     
労働者派遣法の改正により、派遣として働く事が可能な仕事が増えてきています。
しかし、現在でも派遣が禁止されている職種もあります。
そこで派遣で働く事ができる仕事と、派遣禁止の仕事、それに付随する事項についてまとめました。

派遣する事が禁止されている職種は『建設、港湾運送、警備、医療』の分野です。
ですが医療の職種においては『紹介予定派遣』は派遣が可能等の例外があります。

上記の職種以外であればほとんどの職種で派遣社員として仕事をする事ができます。

派遣可能な職種は増えたものの、制限は色々とあり、派遣が可能な職種は『専門26業務』の職種とそれ以外の『自由化業務』の2つに大別されます。
『専門26業務』とはソフトウェア開発の業務やアナウンサー業務等、政令で定められた26の職種です。
『自由化業務』には一般事務や販売などの仕事が該当します。
『専門26業務』では派遣の受入れ期間に制限は設けられていませんが、『自由化業務』の派遣の場合は原則1年、最長で3年まで延長が可能です。

専門26業種であっても、それと併せて行う付随業務が『自由化業務』に分類される場合、付随業務が全体の1割までなら『専門26業種』とみなされます。
しかし1割を超えてしまうと『自由化業務』として扱われ制限が適用される場合もあるので、勤務内容等が確認できる契約時の書面はきちんと保管しておくことが大切です。
もっと知りたいなら⇒就職ブログランキング