派遣会社の登録会 こんなところに注意!

     
派遣会社によって登録会の内容は若干の違いがあります。
ですが基本的に気をつける事は大体がどこの派遣会社も同じなので、大事なポイントはおさえておきましょう。

まず持ち物ですが、これは約90%の派遣会社で履歴書と職務経歴書は必要としています。
直前になって慌てて準備するような事のないよう用意しておきましょう。
その他の持ち物としては、写真、身分証、印鑑等が多く挙げられています。

また登録会の中で面談は重要視されています。
派遣先へはその派遣会社の看板を背負っていくようなものなので、当然といえば当然ですね。
コミュニケーション能力や感じのよさは面談時に大きく影響します。

面談時以外でも予約や問合せの際の電話の印象や、事務所に入ってきてから終って帰るまでのマナーはしっかりチェックされています。
その印象が登録後の仕事紹介に影響する事も十分にある事なので気を抜かずに頑張りましょう。
挨拶や身だしなみ、直接応対する営業マンやコーディネーター以外の社内スタッフに対する態度等、ちょっとしたところがポイントになる事もあります。

仕事の面接と同じと捉え、しっかりとアピールしてより良い仕事を紹介してもらえるようにしましょう。

派遣会社の選び方

     
比較的自由に自分の希望の勤務条件を選ぶ事のできる派遣社員として働く人が増えてきています。
派遣スタッフとして働く場合は、雇用関係は派遣先とでなく派遣会社との間に発生する為、どの派遣会社を選ぶかは大変重要です。
ではどのようなポイントに気をつけて選んだら良いでしょうか。

知名度や時給、福利厚生面等を基準にして選んでいる方は多いかと思います。
確かにそれらも大切なポイントですので、その選び方が間違っているわけではありません。
ですがそれが一番決め手となるかといえば、そうではない気がします。
派遣会社には幅広い業種を扱っている場合でも、大抵はそれぞれ強い分野があります。
金融業界に強かったり販売系に強かったりという特色を確認し、自分が紹介してほしい業種に強い派遣会社を選びましょう。

大手の派遣会社はブランディングが確立されている為クライアント企業からの信用もありますので登録しておいて損はないかと思います。
ですが大手であればそれだけ登録スタッフ数も多く均等に案件が行き渡らない恐れもあります。
その為複数の派遣会社に登録した方がよいでしょう。

さらに一番大切ともいえるポイントは、登録スタッフに対する対応やフォローの仕方がどうかという事です。
登録時や案件の紹介時、派遣先での業務に関する相談等、スタッフを理解し問題が起こった場合は解決策を示してくれる会社である事が重要です。
こういった面では大手より中小規模の会社の方が親身だったりする場合もあります。

登録の際のコーディネーターの面談の仕方等をよく見極めて、後悔しない会社を選びましょう。
もっと知りたいなら⇒就職ブログランキング